口コミで評判の八王子市内のリフォーム業者をピックアップ!

リフォーム前には必ず挨拶をしよう


八王子でリフォームを行う予定があるなら、前もって挨拶を行っておきましょう。周りの人に知らせておくことで、余計なトラブルを防止しやすくなります。工事中にクレームの嵐にならないように、細かな点まで気を使っておく必要があります。

 

 

 

近隣トラブルを防止することができる

工事を行うと、騒音の問題が発生しやすくなります。工事を開始すると、特殊な機械を使用したりトラックの出入りも激しくなってきます。そのため、いつもよりも激しい音が出やすい状態です。周辺になんの連絡もなくいきなり工事を始めてしまうと、あまりの騒音に我慢できなくなり周りに住んでいる人から怒られることになるでしょう。

また、隣との距離が近い住宅だと、資材を置いておくスペースで揉めることも考えないといけません。資材が置いてあるところに子供が侵入し遊んでしまえば怪我をする可能性も出てきます。前もって伝えておくことで、子供も危険な場所に足を踏み入れることがなくなります。周りの人たちの安全面を考えても、伝える義務が大きくなるでしょう。

その他にも、汚れの付着を防止する意味を持ってきます。たとえば、外壁塗装を行うとき、霧状で塗料を噴射する機械を使っていく事になります。当然ながら、霧状の塗料は風に沿って流れていき近隣の家の洗濯物を汚してしまいます。前もって工事の連絡を行えば、洗濯物を外に干すことを控えてもらえるので、汚れが付くこともありません。

施工主だけではなく業者も挨拶をする

施工主がご近所に挨拶するだけではなく、業者もご近所に訪問してもらえるように頼んでみましょう。施工主が近隣の家に顔を出し話をすることで、良い印象を与える事ができます。それに加えて業者も訪れることにより、詳しい事情を説明してもらえるのです。

工事を業者に依頼すれば、その詳細を施工主に説明してもらうことはできるでしょう。ただし、素人のため理解できない部分もあります。ご近所から工事の内容を聞かれたとき、素人だとうまく説明することができないかもしれません。工事を行う業者自身が近隣を訪れることにより、詳しい説明を行うことができるのです。

各世帯によって、聞きたいことや確認しておきたいことは違ってくるでしょう。その点も、専門知識を持っている業者ならうまく話すことができます。詳細な説明を行ってもらえれば、近隣から不満が上がることがなくなり、必要以上に気を使う必要もありません。

業者とのコミュニケーションを図る

ご近所への連絡を行っておくことは、工事をスムーズに進めていくうえでとても重要です。それだけではなく、施工主と業者間のコミュニケーションを密にしておくことで、リフォームをイメージ通りに進めていく事もできます。普段から、おはようやこんにちはといった言葉を交わしておくことで、お互いに対しての信頼感や親しみを持つようになるでしょう。

また相手に対してよい印象を持つことができれば、ちょっとしたことも相談しやすくなるでしょう。工事を行っていく中で言葉を交わせば、工事の進行具合を知ることができ安心感につながります。また、イメージと違っていた時にも、すぐに相談すればイメージの再確認を行いやすくなります。

気が付いたときに言葉を交わせる関係になれれば、後から起こるトラブルとも無縁です。工事を依頼する時、業者とは事務的な付き合いになりがちです。ただし、仕上がりを気にするならば、普段からコミュニケーションをとっておきましょう。

 

ご近所に連絡を行っておくことは、工事を行う上でとても重要です、たとえ、日ごろからご近所と疎遠だったとしても、最低限の説明は行っておきましょう。また、ご近所だけではなく業者とも密に連絡を取り合うことも重要です。家を理想通りに仕上げるためにも、現場のスタッフと積極的に話をしてみてください。