口コミで評判の八王子市内のリフォーム業者をピックアップ!

リフォームで電気代が安くできる?

リフォームによっては、電気代を安くする事も可能です。

なぜなら工事が行われた後には、建物の断熱性が向上するからです。

建物から暖気が逃げづらくなりますし、外から熱気が入りづらくなるので、エアコンの使用頻度も少なくなる傾向があります。

 

エアコンの使用時間と建物の断熱性

電気料金は、エアコンの使用頻度に左右される傾向があります。

その空調を長時間使い続けていると、どうしても料金が高く付いてしまいます。

現に9月頃には、電気料金の数字も高くなる傾向があります。

他の月は5000円程度なのに、9月頃は1万円を超えてしまうケースも多いです。

その主な理由は、夏の時期のエアコンで、とても暑いですからどうしても部屋のエアコンを稼働するしかありません。

夜でも気温が高いので、エアコンを常時稼動することになり使用時間も長くなり、料金も高くなってしまいます。

とりわけ断熱性能があまり優れていない住宅は、エアコンの使用頻度が多くなる傾向があります。

断熱性が優れていないと、建物の中に夏の熱気が入り込みやすくなるからです。

それだけに夏の時期は、室内温度も高くなる傾向がありますし、その逆もあります。

断熱性が優れていない建物は、部屋の中から暖気が逃げやすいです。

建物の中でエアコンを稼働させても、暖気が外に出てしまいます。

それではエアコンの稼働時間も長くなってしまう訳です。

 

ガラスに対する工事で電気料金を抑えられる

ガラスのリフォームを行いますと、建物の断熱性が変化する傾向があります。

電気料金が気になる時は、そのガラスの工事も検討してみる価値があります。

そもそも建物に熱気が入り込む原因の1つは、ガラスです。

壁や屋根からも熱気は入り込んできますが、窓ガラスもその1つです。

工事を行いますと、そのガラスの断熱性が変化します。

工事を行う前は熱気が入り込みやすいガラスも、工事後には熱気が入りづらくなってきます。

必然的に建物内の温度も低くなりますから、エアコンの使用頻度が減るケースも多いです。

ガラスの断熱性が高められますと、室内から暖気は逃げづらくなります。

短時間だけエアコンを使用するだけでも、室内温度は十分高められます。

夏と同様に、冬の時期もエアコンの使用頻度が少なくなりますから、電気料金も抑えられるようになります。

ですからエアコンによる電気料金を気にしている方々は、しばしばガラスに対する工事を行っています。

現にそれで電気代がかなり安くなるケースも多いので、前向きに検討してみる価値があります。

 

建材やソーラーパネルの工事で電気料金が抑えられる

それは、ガラスに対する工事だけではありません。

リフォームには、色々な種類があり、例えば建物の建材に関する工事です。

もちろん建物には、色々な建材が使用されていて、建材はそれぞれ断熱性が異なります。

断熱性が優れている建材もあれば、その逆もあります。

ですから電気料金が気になる時は、建材を別の物にしてみる方法もあります。

今よりも断熱性が優れている建材にすれば、エアコンの使用頻度も少なくなるからです。

また太陽光発電という選択肢もあります。

屋根の上にソーラーパネルを設置すれば、自家発電できる状態になるからです。

電力会社から買う電気の量も減りますから、電気料金を低く抑える事もできます。

またソーラーパネルは、建物から暖気が逃げるのを防いでくれる効果があります。

ソーラーパネルを設置すると、冬の室内温度も高くなる事が多いです。

それでエアコンの使用頻度が減る訳ですから、ソーラーパネルも検討してみる価値があります。

 

つまりリフォームを行えば、建物の断熱性能が向上する訳です。

それでエアコンの使用頻度が減るので、電気代も抑えられる仕組みになります。

ですから電気料金の高さを気にしている方々は、しばしばガラスや建材などの工事を検討しています。

八王子リフォームコラム