口コミで評判の八王子市内のリフォーム業者をピックアップ!

リフォームの打ち合わせって何を話すの?

リフォームを依頼するとき、事前に何度か施行業者と打ち合わせをして、納得できる工事を行ってもらうようにします。

どれくらいの回数話し合いをすればいいのか、何を話したらいいのか理解して話し合いに臨むことが良い工事をしてもらうためには必要です。

きちんと必要な話をすること

施行業者の種類は建築会社や設計会社、工務店など様々な業者がいるため、理想どおりの工事をしてもらえる会社を選んでください。

業者との打ち合わせで大切なのは、第一に家族が現在の住まいでどんな部分に不満を持っているのか、具体的な例を挙げて説明することです。

不満や使い勝手が悪い部分を直すために業者に依頼する以上、不満を抱いている部分を詳細に伝えること、どのように改善したいのかを明快に伝えましょう。

段差に躓いてしまうことが多い場合は、段差をなくすような工事を行ってもらうことを伝えることで、段差をなくす工事をしてもらえます。

システムキッチンの高さがあっていない場合には新しいシステムキッチンを導入することで、高さの合うものに変化させることができます。

家によって不満や使い勝手の悪さを感じる部分は人それぞれとなるため、家の状態で不満や不安が集まりやすいところを優先して工事の依頼をしましょう。

2回目の打ち合わせである程度方向性が見える

1回話し合ってすべてが決まるほど、リフォームの打ち合わせは簡単なものではなく、何度か話し合う必要があります。

1回目に出てきた材料を参考に施行業者側で図面を引いて、依頼主の希望通りの工事になるように配慮した図面を用意してくれるでしょう。

図面を持参して2回目の打ち合わせに訪れ、ないように問題がなければそのまま施行する形となる施行業者が大半となっています。

しかし1回目で話しきれなかった部分がある場合や、直すべきだった場所について伝えきれないことは珍しくありません。

直すべきだった部分について持参してくる図面を参考に、新たな図面を引いてもらえるように話し合いをすることが必要となってきます。

ここで注意したいのは1回目の図面を見てどの部分がよくなっているのか、伝えそびれた要望を伝えることで図面がどう変化するかです。

図面の内容を確認し、要望とどう関係していくのかをチェックすることによって、理想どおりの住まいに仕上げる工事を完了させることができるでしょう。

納得するまで何度打ち合わせをしてもいい

納得できるリフォームを行うためには、打ち合わせの回数にこだわらず、内容にこだわりぬくことが必要といわれています。

納得できなければ何度行ってもかまわないといわれており、回数を気にしないことでより良い工事をしてもらえるといえるでしょう。

実は工事を行うときに打ち合わせ不足で後からクレームやトラブルが発生することは珍しくないといわれているため、何度でも話し合いは必要です。

理想どおりの家造りをするためには、相互理解の元に要望を伝え、納得できる形にしてもらうことが何よりも大切なポイントといわれています。

家の故障している部分を直すだけではなく、ワンランク上の快適さが実感できる暮らしがしたいのか現状を直すだけでいいのかも考えてください。

家の中を快適にするための工事である以上、依頼主が快適に暮らせない家では意味がないといわれているため、話し合いを徹底的に行ってください。

家族間でも遠慮せず家の中がどうなっていると快適に暮らせるのか、そのためのリフォームである以上話し合う必要があります。

結果として前と違っていたとしても、施行業者に要望を伝え、図面にしてもらうことが理想の家のために必要といえるでしょう。

 

実はリフォームで最も大切なのが打ち合わせで、うまくいくためには話し合いを徹底的に行わなければならないと業者の間でもいわれています。

住まいを形にするためにはよりよい結果に近づけるよう話し合いをすること、予算の範囲内でどんなものを取り入れたらいいのか、工事内容まで把握しましょう。

納得できる話し合いを成功させるためには、要望が完結で明快であること、抽象的ではなく具体的な希望が出ていることが必要です。

結果として相手に負担をかけずに要望を伝えることができるようになるため、参考にして工事を依頼することを忘れないでください。

八王子リフォームコラム