口コミで評判の八王子市内のリフォーム業者をピックアップ!

リフォームの際に起こってしまうトラブルとは?

家を大切に使い続ける工事のひとつとしてリフォームを挙げる人が少なくありませんが、工事後のトラブルが発生することもあります。

原因や対策を理解して工事を依頼することによって、満足度の高い改築が可能となります。

お金の問題はとにかく話し合うこと

工事を行うときに必ずしもすべての費用が明らかになっておらず、その後追加工事で費用が発生することも珍しくありません。

原因として挙げられているのは、業者側の下調べが行われていないことや、見積書の内容を依頼主がよく理解していないことです。

業者が的確に調べていれば見積書の内容は的確な工事だけとなっているため、追加工事が行われることはめったにありません。

業者によっては下調べをよくせずに穴のある見積書を提出し、後から追加工事が必要となることを主張する場合も多いです。

また、見積書が出たから安心だと、よく内容を確認せずに工事を依頼してしまい後悔する依頼主も少なくありません。

対策としてあげられているのは工事を適切にしてもらえるように、見積書の内容をよく確認することわからないところは業者に確認することです。

また、後から追加工事が発生しないように、下調べを適切に行ってくれているかどうか、地盤や根太なども含めて相談してください。

工事内容を適切にしてもらうためには?

工事が希望した日時をすぎてもはじまらない場合や、希望通りの内容に仕上がっていない場合など、工事内容自体に問題がある場合も少なくありません。

工期の日程に関しては突発的な天災による遅れもあるため、必ずしも希望した日時に行えるとは限らないでしょう。

大雨や台風といった天災の場合にはすべての工事が行えないため、契約書で天災に関しては遅れもやむなしとする項目を設けている会社もあります。

契約書を交わすときに必ず工事を希望通りにしてもらいたいなら、希望内容を細かく打ち合わせることが必要です。

段差をなくすための工事を行っている場合には段差が残らないようにチェックすることや、トイレを引き戸にする場合に違うドアがつかないようにすることといえます。

工事がスムーズに進むようにするためには、とにかく業者との綿密な打ち合わせが必要となること、完成後の予想を明確にすることが必要です。

アフターケアに対しても理解をすること

アフターケアの有無に対しては契約前に必ず確認することで、工事終了後のトラブル回避につながるといいます。

工事を完了した後、入居してから気づいた部分を直してもらいたいと感じることはよくあることであるためアフターケアをしてくれる業者を選びましょう。

契約するときに保証書を発行してくれるかどうかも、契約前に確認をしておくことで工事完了後の手直しをしてもらえるかどうかにつながります。

工事完了後はアフターケアや補修費用に関してすべて自己負担となる場合、経済的にも負担が大きくなってしまいがちです。

対策として工事完了後のアフターケアをある程度の期間用意している施行業者に依頼をすることが満足できる結果につながるでしょう。

また工事終了後、トラブルが発生する部分についても相互理解を深めておくことで、万が一のトラブルに対して的確に判断することができます。

工事を完了してからの業者の対応に関しては、比較サイトである程度情報を集めることができるため、工事以来前に情報を集めて判断することが満足できる工事につながるでしょう。

 

工事を的確に行ってもらうためには、事前の情報収集や工事内容についての見積書を的確に読むことである程度トラブル回避につながります。

リフォームをする範囲や工事内容によって、満足できる仕上がりとなるかどうか異なることが少なくありません。

リフォームは何年も満足して住み続けられるようにするために工事であるため、トラブルが発生しないように配慮した工事が必要となります。

八王子リフォームコラム