口コミで評判の八王子市内のリフォーム業者をピックアップ!

外壁リフォームのタイミングとは

外壁リフォームのタイミング

住宅のリフォームの中では外壁リフォームが最も興味があるという方はかなり多いでしょう。
住宅の外観を変えることができるのはとても楽しいです。
更に、重要な機能のメンテナンスもすることによって、住宅の寿命を延ばすことができます。
この大切な外壁リフォームは、適切な時期に適切な方法で行わないと、費用がうんとかかってしまったり、かなり住宅を劣化させたりします。
ではその外壁リフォームのタイミングについてご説明します。

 

使用している塗料の耐久年数を目安にする

外壁リフォームの1つである塗料の塗り替えについてですが、これは現在使用している塗料によってかなり違ってきます。
つまり使用している塗料の耐久年数を元に、塗装を考えるべきです。
住宅を建てた時に、外壁の耐久年数については聞いていたと思います。
けれど、すっかり忘れてしまっていた場合や、中古住宅を購入したので、メンテナンス関連のことはよくわからないという方もいるかもしれません。
実際のところ、同じ八王子にある住宅で、同じ塗料を使っていても、住宅の立地条件やメンテナンス方法などによって、外壁の状態はかなり差が出てしまいます。
細かい部分が劣化しているとか、耐久期間が過ぎているというようなことは素人ではわからないことが多いです。
同じ住宅でも、陽射しが強く当たる面とそうではない面とでは劣化の仕方がかなり違います。
しかし、劣化しているかどうかということは素人ではなかなか見極めが難しいでしょう。
ここで大切なことなのですが、かなりアテになる目安があります。
外壁の色々な部分を触ってみて手に白い粉がつくようでしたら、塗料の塗り替えの時期がきていると思ってもよいでしょう。
この白い粉がつく現象を「チョーキング現象」といいます。
人間のお肌が乾燥して、皮膚の表面が粉っぽくなるのと同じような現象です。
塗料の膜(塗膜)がなくなり、かなり乾燥してきている状態です。

ひび割れやさびなどが目立ってきたらできるだけはやく行う

外壁にひび割れがあったら、なるべくはやくリフォームを検討するべきです。
そのひび割れから雨水などが少しずつ浸透し、その回数が増えていくにつれ、確実に劣化していきます。
ひびが小さいうちに、はやめにリフォームをしましょう。
そのほうが、安く、はやく済みます。
また、外壁の色によっては目立ちにくかったり、ただの汚れに見える場合もあるのですが、さびにも要注意です。
さびはだんだんと広がっていくので、これもそのまま放置しておくと、だんだんと外壁の見た目も悪くなります。

足場を組むリフォームを一緒に行う

住宅を建てたりリフォームをしていたりしているのを見ると明白ですが、1階建ての住宅であっても、足場を組むことが多いです。
この足場を組む時にお金がかかります。
これが数万円とかの単位ではありません。
おおよその目安として、30坪くらいの住宅に足場を組む場合で15万円ほどはかかると思っておかなければなりません。
ですから、この足場を組むリフォームをまとめたほうがお得になります。
このことを最初から知っておけば、計画的リフォームができます。
そして、長い目で見ればかなりお得にリフォームができます。

近隣の住宅の方の様子も伺い迷惑にならないタイミングで行う

外壁リフォームはどうしても騒がしくなります。
全く音を出さないでリフォームを終わらせるということはほぼ不可能でしょう。
その住宅の立地条件によっては、近隣の住宅の方にも多少なりとも影響を当たることになるでしょう。
ですから、近隣の住宅の方とは良い関係を築いておくべきです。
ちょっとしたプライベートなことも聞いておくことができるので、状況を正確に把握しやすいです。
たとえば奥様が妊娠中だとか、介護中の親御さんがいて、昼寝をしている時間があるなどということは少しでも付き合いがなければわかりにくいことです。
近隣の方に迷惑をかけないようにするには、ほんの数週間だけリフォームの時期をずらしたほうがいい場合もあります。
それで、今後ずっと付き合っていくと思われる近所の方との関係がうまくいくのであれば、そのくらいの配慮はしたほうがよいでしょう。
外壁リフォームはたいていの場合、1日でもはやくはじめたほうがよいというような物ではないので、近隣の住宅にお住いの方の様子をうかがって、少しでも迷惑をかけないタイミングで行ったほうがよいでしょう。